節約

結婚式で両親に渡す贈り物の平均予算は、両家で2~5万円程度となっています。
ただ、結婚式を行なうにあたって多額の費用が必要になりますし、新生活を始めるにも費用が必要です。
そのため、両親に渡す贈り物も節約できる方がよいでしょう。

自分たちで手作りした品物を贈ることで節約することが出来ます。
手作りすることで、気持ちを込めることが出来ますし、世界に一つだけの記念品を送ることが出来ます。
手先が器用でない場合でも、アイデアを盛り込むことで素敵で喜んでもらうことが出来る品物になります。

手作りをする時間がないという場合には、インターネットで注文をするようにしましょう。
インターネットを利用することで、店頭で販売されている商品と同じものでも安価に手に入れることができる場合があります。
インターネットで販売されている商品が安い理由としては、店舗運営費、人件費の節約、流通過程の少なさからコストを削減することができているのです。

工夫することで節約をすることが出来ます。
両親は、高価な贈り物を望んでいるわけではありません。そのため、気持ちとして残すことが出来る品物を選ぶようにしましょう。

演出

結婚式は非常に感動するシーンが多いです。
両親への記念品贈呈といったプログラムでは、新婦が両親へ手紙を読んだ後で感謝の気持ちを込めた贈り物を手渡します。
会場全体が感動に包まれて、温かい雰囲気になります。

また、結婚式というのは新郎新婦が主役の場ですが、近年では新郎新婦の家族や友人などを引き立てる機会が増えてきました。
新郎新婦でファーストバイトを行なうのではなく、新郎新婦が両親やお世話になって人へファーストバイトを行ないます。
また、お色直しをするときに母親、兄弟、祖母などの介添えしてもらう事があります。

近年では、形式にとらわれず、様々なアイデアを盛り込んだ結婚式が行われることとなります。
そのため、オリジナリティにあふれた思い出深い結婚式にすることが出来ます。
ゲストからしてもありきたりの結婚式ではなく、新しく感じる結婚式となりますので楽しんでもらうことが出来るでしょう。

今後を考えて

結婚式で両親に贈る品物といえば、新郎新婦の思い出を重視したものがほとんどです。
しかし、新郎新婦の思い出を重視して選ぶ品物ではなく、今後の両親のことを考えた品物をプレゼントする方法もあります。

新郎新婦が巣立ったということで、新郎新婦の両親は第二の人生を歩むこととなります。今まで感謝の気持ちを伝える事ができ、今後両親に思い出を残してもらうことが出来る贈り物を選ぶことで、喜んでもらうことが出来ます。

両親で旅行をしてもらうことが出来る旅行券を渡すことで、両親の思い出を作ってもらうことが出来ます。
自分たちの子供が贈ってくれた旅行ということで、忘れられない旅行になります。行き先を選択することが出来るように、カタログ形式になっているものを贈るとよいでしょう。
旅行券であれば、ものとして残りませんので置き場所に困ることがありません。

これから、新郎新婦と両家で同じ時間を刻むということで、3連になっている時計の贈り物もあります。
時計はどこの家庭にも存在するものですし、時計を目にすることで新郎新婦は何をしているのだろうかと思い出してもらうことが出来ます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930